スーツは「守り」偏重で

知識習得
営業マンにとってスーツは重要だ。
しかし知識が乏しいと、適切でないものを高いお金で買ってしまう事になる。
本ページでは、絶対にハズさない、安全の中の安全を推す。
結論から言うと、スーツ選びは「守り」偏重でよい。
しかし「守り」と侮る事なかれ。
基本を知らない人が多く、変なスーツスタイルが蔓延しているこの日本においては、正統派が一周回ってお洒落になる。
スーツについて勉強することは、長い目で見ると有効な投資となる。

使える色は2色のみ

結論としては、ネイビー(紺)とチャコールグレー(濃い灰色)しか使用できる色はないと思っていい。
世の中には多くの色のスーツがある。
派手なものではワインレッドや明るめの黄色、さらには白もあるが、これらが営業マンに不適である事は誰が見てもわかるだろう。
だが黒(ブラック)や、紫が混じった黒など、機転が利いてるかな?とか思って買っちゃう人もいる。
僕もそうだったから、わかる。
だがこれらの「ちょっといけるんじゃないか?」という色は、使いどころが実は難しい。決して汎用的ではないのだ。
対してネイビーやチャコールグレーはハズレがない。
失敗がない。これが大切だ。
守りとして最強な上に、使い方によっては攻めにも使えるのがこの2色なのだ。
特に若い(20~30代)ならネイビーだけ揃えても良いくらいだ。
思い出すと、世の中の「制服」のほとんどはネイビーではないか?
警察官も、キャビンアテンダントもほとんどがネイビーだ。
そう、ネイビーは仕事の色、ビジネスの色なのだ。
制服の中には一部ブラックもあるが、基本はネイビーである。
ブラックが△な理由も後述する。

柄も2種のみ

スーツの柄は2つに絞られる。
「無地」と「ストライプ(縦縞)」だ。
チェック柄とか格子系は吊るしてあると綺麗に見えるのだが、いざ着てみるとオッサンぽくなってしまうのでお勧めしない。
後述するが、スーツスタイルの基本は1箇所だけ遊ぶ・ハズすというものである。
そのため、下記3着をひとまず買っておけば大失敗はない。
そして拡張性もあり、毎日同じものを着ている風にならないので推奨する。

無地ネイビー(シャドーストライプ)

まずは無地のネイビー。1着は持っておくとよい。
無地のネイビーはカチっとした雰囲気の土台を作ってくれる。
ネクタイの項でも述べるが無地というのは意外と力強い。
世の中に柄物のスーツや服が溢れているがゆえに、無地というのは力強さを持つ。
特に濃色の無地は底堅い強さを感じさせる。
またスーツを無地にしておくことでシャツもしくはネクタイで「遊び」を作ることができる。
シャツもネクタイも遊んだ上にスーツも遊ぶととんでもないことになる。イタリアのチャラ男の完成である。
体の面積の大部分を占めるのがスーツだけに、存在感は大きい。
シャドーストライプという柄もある。
これは後述の純正ストライプ系とは違い、同色で作り出しているストライプ模様を指す。
これは遠めには無地に見えるが、近くではストライプを感じられるものだ。
無地よりはやや遊びに入るが、絶妙なバランスを出せる。
無地を既に手に入れている人は検討しても良いだろう。

ストライプネイビー

次にネイビーのストライプ。
この場合、大体がホワイトの線か、薄い青形の線になる。
そしてこのストライプの間隔により、3種類に分類される。
  • ペンシルストライプ(線が細い・間隔狭い)
  • チョークストライプ(線が太い・間隔広い)
  • ピンストライプ(上2つの中間)
正直、ペンシルとチョークは使いにくい。
チョークは遊びすぎてしまうし、ペンシルはオッサンぽくなる。
中間のピンストライプで決まりだ。
営業マンとしてふさわしい範囲に収まる遊び要素だ。

無地チャコールグレー

次に無地のチャコールグレー。
チャコールグレーとは、いわゆるダークグレーのことで、チャコールとは「木炭」のことである。
無地のチャコールグレーは赤系(ワインレッド)のネクタイが映える。
ネイビーが主となるローテーションの中においてアクセントを付ける事ができる。
毎日ネイビー系でも問題ないのだが、それではちょっと…と思うなら、この無地チャコールグレーが1着あるとよい。
僕の推奨するネイビーを主体としたスーツスタイルでは寒色(青系)を主体に組み立てるので、1つくらいアクセントで赤系が使やすいチャコールグレーを持っておくとよい。
もちろん紺系のネクタイも合う。
なおチャコールグレーのストライプは使いにくいので推奨しない。いろいろ考えたが、守り偏重であるべきスーツ部分においては、チャコールグレー自体がネイビーと比べるとややハズしなので、そこにストライプ要素を加えると一気に派手になってしまうからだ。

なぜ黒(ブラック)がダメなのか

なぜ黒がダメなのか説明する。
基本的に黒というのはこれらのイメージが根強い。
  • 礼服(冠婚葬祭)
  • 銀行員
  • 学生
  • 就職活動

世界的にみても黒を好んで着ている国は日本と韓国だけだ。もちろん銀行員は黒を着ても良い。

また実際に着てみるとわかるが、黒いスーツはシャツの色もネクタイの色も合わせにくい。

ネクタイを地味系にすると喪服系、明るくすると結婚式になる。

ストライプを入れる手もあるが、やはり重たい印象になってしまい難しい。

このように使いこなすのが難しいので、あえて手を出す必要はないだろう。

なお、就職活動ならば無地のネイビーは十分に使えるのであえてブラックを買う必要はない。

スラックス(パンツ)

スラックスの注意点は2つだ。
  • ノータック
  • すそ上げ

ノータック

ノータックとはパンツの全面に折り目がない仕上げの事で、逆に折り目があるのはワンタック・ツータックという。
これらは太り気味の人のための工夫であり、そのような事情がなければあえて選択する必要はない。実物を見ればわかるが、一気にオッサンぽいスーツになる。
標準体型ならノータックを選択しよう。

すそ上げ

すそ上げも折り目を作らない「シングル」と折り目を作る「ダブル」がある。
しかし、ダブルは存在感が大きいのでシングルの方が無難だ。
またダブルはカジュアル寄りのデザインとなるので、ビジネスという場面を考えるとやはりシングルが基本と言える。
また、どの程度すそを余らせるか、ということで「クッション(ブレイク)」という尺度が用いられる。
ノークッション(ノーブレイク)から始まり、ハーフ、ワン、ダブルと増えていくのだが、僕はハーフクッションを推す。
ノークッションは、よくいる靴下が見える「つんつるてん」な人になってしまうし、ワンクッションは結構ダブついて見える。
その中間のハーフクッションが最も無難でカッコ良く見える絶妙な長さだ。
ワンクッションやツークッションはオッサン感がでてくる。
ちなみにこれら(ワンクッションなど)は90年~00年代に流行したスタイルだから、その頃の価値観の人達はそのようなクッションを好む。
ある程度歳をとれば、ワンクッションもサマになるが、20~30歳台ならば、それに適しているハーフクッションを選ぼう。
ノークッションは座ったときに靴下が丸見えになるからやめておこう。

まとめ:守りのファッションを

以上の通り、まずはベースとなる基本スーツを手に入れてほしい。
営業マンには奇抜さは必要ないし、期待されてもいない。
それよりも無駄な失点を防ぐという守りの観点でスーツを選択しよう。
しかし、がっかりしなくて良い。
正しくコーディネートできたら、非常に強力なコンボを叩き込めるのが今回紹介した基本スーツだ。

コメント